東海市って?

弊社が構える「東海市」はどんなところなのか。

改めて東海市の魅力などの情報をお伝えいたします。

◆東海市の基本情報◆

東海市は1969年4月に知多郡上野町と知多郡横須賀町が合併し、愛知県で23番目の市として誕生。 「東海市」の名前は市民からの意見を募集し「東海地方を代表するようなスケールの大きい名前であり、全国的によく知られ知名度の高い、中部圏の中心となるにふさわしい名称である」という理由で選ばれた。

≪位置≫ 知多半島の西北部に位置し、名古屋市の中心地区まで約15㎞(電車で20分)、豊田市の中心地まで約25㎞(電車で1時間30分)に位置しています。また、電車で20分圏内に中部国際空港(セントレア)があり、アジアを中心として北米・ヨーロッパなどを結んでいます。

≪産業≫ 中部圏最大の鉄鋼基地をもち、産業上の拠点都市としての役割を果たしています。また、中部国際空港の開港や伊勢湾岸道路の完成以来、物流拠点としても注目を集めています。

≪農業≫ 洋ラン、フキ、たまねぎ、いちじくなど、全国有数の産地として誇れる農産物が多くあります。特に、洋ランは種類も豊富でオリジナル品種も生産されています。

≪データ≫ 人口:114,822人  世帯数:50,398世帯  面積:43.45㎡  姉妹都市:山形県米沢市、岩手県釜石市、沖縄県沖縄市、トルコ共和国ブルサ市二ルフェル区、オーストラリア マセドンレンジズ市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です