すまいの希望条件を整理しよう〈中村不動産〉

住まいの購入にあたり、マンションにするか一戸建てにするか、新築物件にするか中古物件にするかなどの検討が必要になってくると思います。そのためには、購入後の生活を想像し、実現するためにはどんな住まいがいいのかを話し合うことが大切です。

①実現したい暮らしを具体的に想像する

まずはどんな暮らしをしたいのかという視点から考えてみると、ペットを飼いたいから一戸建てがいい、庭や外回りのメンテナンスをするのは面倒なのでまんしょんがいいなど具体的に考えてみること手かなえる住まいのカタチが見えてきます。

②物件タイプ別の特徴を理解する

具体的に想像できたところで物件タイプ別にそれぞれの特徴を下の表を参考に考えてみましょう。


③マンション管理について理解する

次にマンションの管理について、一戸建てより少し複雑になっているのでしっかり理解していきましょう。

  • 専有部分と共有部分:マンションが一戸建てと大きく異なる点は、建物が「区分所有」であるということです。敷地は購入者である区分所有者全員の共有になりますが、建物は「専有部分」と「共有部分」に分けられております。専有部分とは、自己所有となる壁や天井で仕切られた居住空間をいい、共有部分は区分所有者全員で共有する建物全体の入り口やエレベーター、階段、廊下等をいいます。     
  • 管理組合の役割:共有部分を管理するのは区分所有者全員を組合員とする管理組合です。管理組合は、共有部分の建物や設備をいつ、どのように点検・補修していくかというような長期修繕計画等の管理方針を決め、区分所有者全員でそのために必要な費用(修繕積立金)を積み立てます。なお、日常の共有部分の清掃などは一般的に管理組合が委任した管理会社によって行われます。
  • 管理規約と使用細則:マンションは共同生活の場でもあり、お互いが快適に暮らすための規則が必要となります。この規則を決めたものが管理規約と使用細則です。管理規約は、主に管理組合の運営などを定めたもので、専有部分と共有部分の範囲、管理費や修繕積立金の額、ペット飼育の可否などが決められています。使用細則は、バルコニーの使用方法など、マンション内での日常生活のルールや約束事が決められています。

以上、物件ごとのメリット・デメリットをしっかり考え自分に合った住まいを探してみてください。

◆【東海市】【知多市】【大府市】【東浦町】土地情報多数掲載!今すぐ街の不動産SHOPにお問い合わせ下さい!052-689-0390
◆【東海市】【知多市】【大府市】【東浦町】住宅用地高価買取宣言!
◆運営:株式会社中村不動産(東海市荒尾町畑田41-1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です