サブリース・一括借り上げ〈中村不動産〉

皆様こんにちは。

本日は、不動産賃貸の中で、「サブリース・一括借り上げ」について

簡単にご説明させて頂きます。

本来であれば、物件所有者のオーナーが直接借主と賃貸借契約を結び、自ら家賃収集等を行いますが、サブリースではオーナーはサブリース会社(不動産会社)に建物を一括で借り上げてもらい、サブリース会社から一定の賃料を得ます。
多くの場合、賃料は実勢家賃をベースにその一定割合で決められ、空室であっても賃料が支払われる「家賃保証」が魅力になっています。
入居者はサブリース会社と賃貸借契約を結ぶので、入居者に関係する管理はすべてサブリース会社に任せることができます。
その代わり、サブリース会社が保証する家賃は、入居者が支払う家賃よりも低いです。
このように、自分の物件を使って賃貸経営してもらい、家賃保証の形で安定収入を得る運用方法がサブリースというわけです。

メリットとしては、サブリース会社に一括で借り上げてもらう為、空室や滞納のリスクを回避することができ、収入が一定になることで、ローン返済も安定して行うことができます。

また、サブリースでは物件所有者が運営者ではなく、入居者にとって借主となるサブリース会社が管理責任を負います。
したがって、通常の管理業務はすべてサブリース会社に任せることができます。
サブリースにおけるサブリース会社の取り分は、管理業務に関する費用も含まれていると考えられるので、間接的には費用負担をしているとはいえ、一括して任せられるのはメリットとなります。

反対にデメリットとして、サブリース会社が間に入ると、保証料などを取られてしまうので、入居者からの家賃収入は減収となってオーナーに入るため、家賃収入の最大化はできないというがあります。しかし、自己経営では空室によって確実な減収となるので、空室があっても家賃保証されるサブリースと比べて、どちらを取るかという判断になってきます。

また、実際の入居者と契約するのはサブリース会社になるため、オーナーは入居者を選ぶことはできません。自分ではふさわしくないと思っている入居者(モラルが低い人など)が、サブリース会社の意向で入居してくることもあります。

メリット・デメリットどちらもあります。

弊社の活用しているサブリースはJPMC日本管理センター㈱のものです。

JPMCに借り上げしてもらい、管理を弊社に委託して頂いている状況です。

実際に空室の多かったアパートもほぼ満室状態となっています。

物件の様々な情報を考慮するため、築年数や立地が悪くてもサブリースできる可能性があります。

空室でお悩みの方、家賃回収でお悩みの方、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

◆【東海市】【知多市】【大府市】【東浦町】土地情報多数掲載!今すぐ街の不動産SHOPにお問い合わせ下さい!052-689-0390
◆【東海市】【知多市】【大府市】【東浦町】住宅用地高価買取宣言!
◆運営:株式会社中村不動産(東海市荒尾町畑田41-1)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です